シカとの平和共存を目指して

「すべての野生動物にあなたの思いやりと配慮を」

野生動物に配慮した効果ある防除柵(準備中)

野生動物と遭遇したときの対処方法(準備中)

新たな生活形態へ


COVID-19が発生し、諸外国では野生動物や他の動物種、自然環境との関わり方が見直されています。

わたしたち人間が自然動植物やその他の動物に行ている暴力は、

人獣共通感染症や地球温暖化と密接に関わっています。

野生動物の殺害や利用、他の動物種搾取、森林破壊を改めらければ

今後新たなパンデミックが発生¹すると言われています。

このことから諸外国では、野生動物と自然環境の保護(生態系回復)に関心が寄せられています。

野生動物やその他の動物、自然環境との関わり方をわたしたちは見直し改める時期に来ています。

従来の古い考えや人間都合の考えではなく、自然動植物との平和共存を目指し

この課題をみなさん一緒に考え行動し、わたしたちの意識も高めましょう!


「野生動物たちへの理解を深め平和的かかわりを」


¹)動物行動学者・環境問題専門家で、ジェーン・グドール・インスティテュートの設立者、国連ピース・メッセンジャーでもあるジェーン・グドール氏は、気候危機やパンデミック発生はわたしたちが自然環境と動物たちにおこなっている暴力から引き起こされていると言っています。そして「貧困の状況にない私たちは、持続不可能で物欲に支配されたライフスタイルを改めなければなりません」と人々に行動を改めるよう忠告しています。地球温暖化とパンデミックは自然破壊と野生動物を含む動物たちへの暴力が密接にかかわっており、わたしたちが暴力を改め平和的に自然環境や動物たちとかかわることが持続可能なことです。
参考文献 「国連ピース・メッセンジャー ジェーン・グドール博士からのメッセージ『私たち全員が行動を』(UN Chronicle 記事・日本語訳 )」国際連合広報センター、(最終閲覧日:2021年10月14日)。https://www.unic.or.jp/news_press/features_backgrounders/42025/
NATURE AND PANDEMICS WWF、(最終閲覧日:2021年10月14日)。https://www.wwf.org.uk/nature-and-pandemics


文責 WDI代表 岡田友子